TOPページ > 製品案内 > 水中放射能濃度自動観測装置 WD-521型

株式会社東邦電探

水中放射能濃度自動観測装置 WD-521型

水中放射能濃度“見える化”プロジェクト
原子力機構と共同研究・開発! 同時に特許も共同出願中!
農研機構との共同研究による実証試験!

大柿ダムではセシウムの動態を推計するシミュレーションモデル構築と実際の水中放射性物質の監視を目的にDENTAN製水質計を設置。
また、平場では水中放射能濃度計の実証試験を農業用水路で実施。

放射性物質水中モニタリング概念図

特徴

  • NaIシンチレータにより放射能計数率を測定し換算係数により放射能濃度を連続的に検出できます。
  • そのため、流水状況や急激な放射能濃度の変化に対して低濃度の放射能濃度を常時監視することができます。
  • 環境省中間貯蔵測定下限値6.5Bq/Lであれば1分で測定可能です。
  • 測定水槽が無くても1立方メートルの水球分の水量があれば設置できます。
  • 水量が少ない場合は測定水槽内でも設置できます。

※オプションにより、濁度水温を同時測定することもできます。

仕様

検出方式 NaIシンチレータ(2インチ)
測定核種 Cs134、Cs137
測定範囲 1.0~150Bq/L
エネルギーレンジ 100KeV~3MeV
検出部保護筒材質 SUS304
検出部保護筒表面処理 酸洗い処理
検出部ケーブル キャプタイヤケーブルφ8
機側測定制御部 10.4インチ液晶タッチパネル、避雷器・耐雷トランス・UPS付
外部出力 RS-232Cまたは、RS-485
電源 単相AC100V 50/60Hz
収納架台 構造:屋内外用制御盤(自立型)
主材質:SPC鋼板製

※オプション:測定点数2点、中継ボックス、濁度水温検出部(透過光散乱光演算方式)、遠隔監視装置(光伝送・無線伝送)

 このページのトップへ


Copyright(c) Toho Dentan Co., Ltd. All Rights Reserved.